読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAN-B

アニメのこと、映画のこと、日常のこと、健康のこと

アンダー・ザ・スキン 種の捕食

今日観た映画『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』がかなり...だいぶ変な映画だったんですが、面白くなかったといえばそんなことはなく、不思議な魅力を放つ作品でした。

というのも何故この映画を観たかというと、今現在実写版攻殻機動隊(ゴースト・イン・ザ・シェル)が話題ですが、草薙素子役をスカーレット・ヨハンソンが演じているということもあり、スカヨハ主演の映画がなにか観たいな~っと軽い気持ちでプライムビデオを漁ったところ、いきついたのでした。

実は以前チラっと評価を観たことがあったのですが、すっかり忘れていて...本当のところ最初はLUCYという映画を観ようとしたんですね。

監督もリュック・ベッソン(レオンの監督)ですし、アクションが観たい気分だったので...。決してスカヨハのヌードに釣られたわけではないです。

まぁ実のところそれもあったんですが、絶妙に変な映画だと聞いていたのでこちらのほうを観ることにしました。

 

【ストーリー】

真夜中の街で妖艶な美女が、道行く男たちに声をかけては闇に消えていく。一枚ずつ服を脱ぎながら誘う美女。男たちは彼女の正体に
気づかないまま、飲み込まれ、そして姿も形も無く、衣服だけが残される。謎の美女の正体は、地球外生命体だった。慈悲のかけらも無く
男を捕食し続けていた彼女だが、ある事がきっかけで人間的な感情を持ち始めるのだった。それは、さらなる恐るべき惨劇の始まりでもあった

 注意:以下若干ネタバレあります

 

 

 

 

 

 

ということでスピーシーズが好きな筆者は食いついたのですが、タイトルにある種の捕食もスピーシーズ 種の起源を意識したのかな?

何分台詞が極端に少なくドキュメンタリータッチな作りになってます。

スカヨハが夜の街で車を運転しながら男を誘っていきます。

親密な雰囲気になった男達は家に連れこまれるんですが、彼女の後ろをついていくと、暗闇の中で黒い液体のなかに沈みこんで皮膚だけになってしまいます。

ここが前衛的というか、だいぶ新鮮な映像になってます。

泥に埋まっていく男達は体が沈み込んでいく間まったく自分の体の状態に無自覚になっているんですがとにかく異様なんですね。

泥の中で目を覚ますシーンがあるんですが、体がフヤフヤになっていく様が消化器官で消化されていっているようなイメージでした。

極め付けがラストでいわゆるスカヨハの皮を被った宇宙人の"中身"が出てくるわけですが、このシークエンスが結構仰天です。

スカヨハの肉体に興味がある。変な映画が観たいなーって人はオススメです。

人によっては眠くなるかも…。

 

アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [Blu-ray]

アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [Blu-ray]

 

 

 

 

さて2回目の記事ですが、 早くもだいぶ期間が空いてしました...。

書きたいことは沢山あるのですが、気合の入った記事を書くにも気力がいりますね。

始める前は週1更新を想定してたのですが、仕事が忙しいのもあり、体調の面もあり...。

これもおいおい書いていきたいのですが、去年病気をしてしまって最近また体調が優れず、仕事の進捗状況もあいまって、だいぶ生活が崩壊しています...。

大抵起き抜けの調子が悪いので、昼くらいに出社してるんですが、今週は2日に1回くらいは夕方出社にまでなってしまい、そこから日付が変わるまで作業って感じでした...。

非常にまずいです。

 

一応このブログ、読んだ人に何か持ち帰ってもらおうという志ではいるので、アニメや映画の感想もよいですが、もう少し突っ込んだことも書いていきたいです。

いろいろ精査するので気合要りますが...。自分の理解も深まると信じて...。

よろしくお願いします。